前へ
次へ

池袋の不動産としての立木

池袋の不動産としての立木について言えば、民法の規定では土地及びその定着物を言うとされているところの定着物の一つとして解釈されます。
従って立木は池袋の不動産の構成部分になります。
但し日本では古来より立木が経済的な価値を産み出す物でもあったために民法の規定をそのまま当てはめる訳に行かない所があり、特別法の「立木ニ関スル法律」の適用を受けるものとなります。
元々、立木は独立した取引対象にはならない所、看板等による明認方法や登記等を行なうことによって、土地より分離した独立の池袋の不動産になるとされます。
民法に関する規定では対抗要件を問題とするケースが多く、善意の第三者に対抗するには、立木の場合は明認方法か登記によるとされているのです。

立木を池袋の不動産として扱う法律

立木を池袋の不動産として扱う法律の設立については古く、明治42年にまでに遡ることとなります。
この法律は民法の特別法としての意味があり、この法律があることによって地上権や抵当権といった民法の物権の効力がその立木までは及ばないということとなります。
つまり立木を独立して取引の対象とすることが可能であるということとなります。
実際には、所有権保存の登記を行なったり、看板等の明認方法を用いたりすることによって、独立の池袋の不動産としての性格を有することとなります。
そして、担保物権である抵当権を設定することも可能で、その金融を借りる手段として利用されることもあります。
立木の経済的価値を有することの根拠が、この立木に関する法律で現代でも広く普及している法律の一つです。

Page Top