前へ
次へ

池袋の不動産の駐車場の整備

池袋の不動産の駐車場の整備は、地域地区の一つとして商業地域や近隣の商業地域帯になっていて、そのために自動車の交通量が著しく多い地区においては、道路の効用を維持して円滑な道路交通を確保するために駐車場の整備を定められることです。
これは駐車場法という法律で定められていて、地方の公共団体に対して、駐車場の西武計画を定めることが義務づけられます。
それによって当該の地区などでは市町村において、一定の建築物を新築したり、増築したりする場合は駐車場の施設を義務づける条例を制定することができるようになっています。
このような条例が制定されると池袋の不動産の駐車場の整備が必要になり、商用店舗の新築や増築にあわせて整備されます。
このような場合は、住居用と違いますので利用客のほとんどはテンポラリー利用となりますので、建築物所有者が一括で借り上げたり、または時間単位で料金を計算するコインパーキングにしたりと様々です。

土地池袋の不動産を駐車場にする

土地池袋の不動産を駐車場にすることは、都心部では頻繁に行なわれているケースが多いです。
土地は持っているだけであれば、何ら収益を産み出すものではないからです。
むしろ、固定資産税といった税金がかかったりするのでマイナス面が非常に強いです。
そこで、そういった土地を駐車場にして人に貸すことが出来れば、有効活用できるといえます。
何といっても、更地のままで月極駐車場として貸すことが出来るので、それが一番良いのです。
つまり、土地池袋の不動産の上に建物が建っているとそれを取り壊すのに費用がかかったりもすることがあったりします。
それ以外でも借地権や地上権の兼ね合いもあり、自由に処分できなくなるので、駐車場での活用が一番好まれる訳です。

Page Top