前へ
次へ

池袋の不動産の建付地

池袋の不動産の建付地とは、宅地の分類の一つのことを言います。
通常建物などが一切ない状態の宅地のことを更地と言いますが、建付地は建物などが存在する宅地のことを意味します。
一般的には宅地の所有者と建物の所有者は、同一の所有者ということになります。
ただし建付地とは、その宅地の使用収益を制約する権利などが付着していない土地ということが、条件となります。
池袋の不動産として建付地の鑑定評価を行う場合には、建物の築年数や状態が大きく左右することとなります。
建物が有効に使用できる状態でない場合には、撤去費用が考慮され、更地よりも低い価格で評価される場合があります。
建物が最有効に使用できる状態である場合には、更地と同程度の価格で評価される場合があります。

池袋の不動産の地目

池袋の不動産の地目とは、池袋の不動産登記法上で分類される土地の用途のことを言います。
しかしながら、現実的には登記簿上の地目と実際の使用されている状態が同一とは限りません。
地目の変更は土地の利用状況が、変更後の地目と同じ状況になっていなければならず、一般的には変更は難しいとされいます。
例えば農地を農地以外の地目に変更する場合には、農地法により管轄する市町村の農業委員会から許可を得なければなりません。
ただし、農業振興地域の農業地区内の農地は、農地転用が許可されないので、農地を宅地として地目変更することは困難と言えます。
現在の登録される地目の項目には、田、畑、宅地、学校用地、鉄道用地、塩田、鉱泉地、池沼、山林、牧場、水道用地など23種類があります。

Page Top