前へ
次へ

ゲーテッドコミュニティの池袋の不動産開発のメリットとデメリット

ゲーテッドコミュニティのメリットは、まず警察官の業務が減少することが挙げられます。
コミュニティ内に警備員や監視カメラが設置されている場合、警察官による巡回が必要となくなります。
また警察官は警備員に捕らえられた者を引き受けるだけですが、日本では警備業法に基づき「不審である」という理由以外では、捕らえる(拘束する)ことは出来ない為、施設警察を設置できる国のみが行えるようです。
デメリットとしては、犯罪の危険が一概にも減少するといったことが言えない、コミュニティの増加で社会の差別化の助長、歪んだ性格の子どもの増加などで不健全な世の中になるというリスクもあるようです。
コミュニティに池袋の不動産を持つ場合は、熟慮検討がまだまだ必要と言えるようである。
コミュニティの池袋の不動産としての価値もまだ低いようです。

池袋の不動産の大規模マンション

池袋の不動産の大規模マンションは、一般的に100戸~300戸を超える数百戸規模の住居用集合住宅のことで、敷地内にスーパーマーケットやコンビニエンスストアといった商業用施設、託児所施設、医療施設などを併設しているところもあります。
このような池袋の不動産の大規模マンションは、大規模であることの長所を生かして割安になる管理費で共用の設備およびサービスを充実させることができるようになっています。
また、広大な敷地を有効に利用した緑化された公園なども設置され、環境にも配慮された住みやすく設定されているところが多くなっています。
全国にはこのような大規模マンションがいくつもあり、戸数が多いところでは2800戸や2100戸、1800戸程度の大規模マンションが都市部に集中してあるようです。

Page Top