前へ
次へ

池袋の不動産の農地

池袋の不動産で分類される農地には、市街化区域内農地というものがあります。
市街化区域内農地とは、都市計画法によって今後市街化を進める予定地である、市街化区域内にある農地のことを指します。
市街化区域内農地は「都市農地」とも呼ばれ、将来都市化する地域に存在する農地です。
市街化区域内農地は1991年に改正された生産緑地法によって、「宅地化する農地」と「保全する農地」に分けられています。
さらに、「宅地化する農地」では三大都市圏特定市に存在する農地を「特定市街化区域農地」とし、固定資産税や都市計画税など宅地並みの課税が課せられています。
また、「特定市街化か区域農地」では相続税の納税猶予や、免除制度が廃止され地主にとっては負担が大きいものとなっています。

池袋の不動産の農地転用

農地を農地以外の目的で池袋の不動産の転用する場合は、法律(農地法)で農地の面積が原則的に4ヘクタールを超える場合には、農林水産大臣の許可、農地面積が4ヘクタール以下は都道府県知事の許可が必要になります。
また、農地法上では採草放牧地も農地面積の対象としていますが、転用目的の池袋の不動産の権利移動において農地面積が4ヘクタールを超えるか否かには面積のみで判断し、採草放牧地は考慮致しません。
対象地が土地か農地かは現状で判断して登記簿上の地目とは関係がありません。
転用する際に、許可を必要としないものがあります。
それは、市街化区域内にある農地で、市町村の農業委員会に届け出ている場合などは許可を取る必要がありません。

Page Top