前へ
次へ

池袋の不動産の農地転用の手続きの代行

農地を転用するに当たって、手続きをする場合は池袋の不動産という特徴から、実に様々な種類があり、内容や添付書類が複雑である為、次に挙げる有資格者が手続きの代行が行えます。
弁護士、司法書士、土地家屋調査士、建築士(一級または二級建築士・木造建築士)、行政書士であります。
それぞれ扱える手続きの種類がありますので、状況に応じて代行をしてもらうようにしましょう。
例えば弁護士は、池袋の不動産に関する法律上の争いに関する事務として農地転用関係手続きが行えます。
司法書士の場合は、権利移動で効力がすでに発生している場合の証明書類の交付請求書の作成、土地家屋調査士はすでに地目が変更されている場合の証明書類の交付請求書の作成が行えます。
建築に関しては建築士(弁護士・司法書士・土地家屋調査士が行える場合は除く)、行政書士は弁護士・司法書士・土地家屋調査士・建築士が行える場合を除き、手続きの代行を行うことが出来ます。

ゲーテッドコミュニティの池袋の不動産開発

ゲーテッドコミュニティは1980年頃に欧米で登場しており、日本では2000年代初頭から大都市を中心に池袋の不動産の開発が行われました。
ちなみに、ゲーテッドコミュニティは住宅地の周辺を高い塀などで囲ってしまい、遮断機や門扉に付随した検問所(ゲート)を設けた状態(地域)のことを言います。
日本国内では大規模マンションでゲーテッドコミュニティの形を取っているものもありますが、地域が分断される、公道を含めたコミュニティが作れないなど池袋の不動産や道路交通法などの関係法律によって禁止されているなどで、形成が難しい状況にあります。
ゲーテッドコミュニティ自体は一長一短のようで、コミュニティを作る場合には十分に検討をする必要があるようです。

Page Top