前へ
次へ

池袋の不動産のマンションの共有施設

池袋の不動産のマンションの共有施設は、マンションが大きくなればなるほど様々な共有施設を設置することで、商品として企画しています。
タワー型のマンションに多い共有施設は、そこに住む住民層やマンションの設計上の問題からラウンジ程度しか設置されないものが一般的ですが、郊外などにある大規模なマンションには、住人である家族を対象として企画するものがほとんどですので、様々な施設を設置しています。
そのほか例外もありますが戸数の少ないマンションでは管理事務室程度しかない所もあります。
このように池袋の不動産のマンションの共有施設といっても様々ですが、徳野大規模マンションの共有施設には、コンビニやスーパー、託児所、病院、シアタールーム、多目的アリーナなどまるで一つの地域(コミュニティ)を形成するくらいの規模になるところもあります。

池袋の不動産の駐車場

池袋の不動産の駐車場といっても様々な形態があります。
ここでは自家用車を保管用に止めるためのものに限定しますが、それでも利用契約や駐車形態によって様々な駐車場があります。
まず、利用契約で一番多いのは月極の駐車場でいわゆる毎月利用料を支払う月単位での契約です。
このように期間を指定した契約では年契約もあり、1年単位で契約更改をするもので支払いは1年分の利用料を一括前払いする形式です。
そのほか少ないですが週単位での契約や1日単位での契約もあるようです。
賃貸住居とは別に契約をするものも多くあり、特に都市部では公共の交通機関が発達しておりますので、自家用車を持たない方も多いようですので、池袋の不動産の駐車場として独立することにより、土地を有効に利用する方法の一つとしています。
駐車場の形態には一般的な平面駐車場から立体駐車場、屋根付きの独立駐車場、ガレージ型駐車場など様々です。

Page Top